うしにひかれて

最近すっかりポケGO日記

過去紹介

ドラクエの話

アウシタンでした(わかる人だけわかればいいので解説なし) なので堀井雄二さんとは直接お会いしたことが何度かある。 初めての接近遭遇は、たぶん御茶ノ水のどこかの公園。 堀井さんは、ビデオカメラを買ったので、お試しついでに我々が巻頭グラビアページ…

先日、機会があって『尾上克郎』さんと名刺交換させてもらったんだが…

もちろん、はじめましてとご挨拶。 んでもって…こないだのロト剣のエントリーがらみで「ドラゴンクエストファンタジアビデオ」を検索してたら、尾上さんが特殊効果スタッフとしてテロップされていることに気づいた…。 あれ? もしかして当時、現場でお会いし…

1998年スタジオ・ライブからもらった年賀状は「魔神英雄伝ワタル」だった

エヴァに続いて(^^; ふと、あれ?98年でワタル?と思って検索してみたら、この年は「超魔神英雄伝ワタル」を放送していたので、タイトルは正式には「1998年スタジオ・ライブからもらった年賀状は「超魔神英雄伝ワタル」だった」ってことに(^^; 会社宛…

1998年ガイナックスからもらった年賀状

98年だと(C)にまだテレビ東京が入っているよ(^^; でもって原画が摩砂雪さんだよ(^^; 当時、創業以来はじめての円満退社社員と言われていたので、辞めたあとも年賀状もらってたんだね(^^;

全身麻酔を体験して、思いもよらない変化が身体にあったけど、体感なので科学的根拠はないというネタ

以前、脳ドックに入った。 脳のCTスキャン&頸椎のエコー。 そのときの結果は問題なし。 ただし副鼻腔に炎症が見られるので、耳鼻科の専門医に相談したらよいというアドバイスをもらった。 副鼻腔炎に関しては、自覚症状があった。 常に、左の鼻が微妙に詰…

もう一度食べたい、あのカレー!  草の実

閉店しちゃってもう食べられないシリーズその2。三鷹、草の実(くさのみ)のチキンカレーonシーフードミックス。 三鷹駅近くにあった、カレーとコーヒーの店。 個人的にコーヒーを飲む習慣がないのでそっちの味はわからないけれど、カレーはものすごく好み…

もう一度食べたいあのラーメン! 麻辣商人

いまはなき吉祥寺麻辣商人の「にぼしラーメン」 ペッパーランチの食中毒事件をうけて閉店していた吉祥寺店が突如ラーメン屋になっているのに気付いたのは、2010年の春。 麻辣商人という担担麺専門の店だった。 どうやら広島発祥だったようで、たしか広島…

おもいでのケータイ

特別お題「おもいでのケータイ」 手元に残っているケータイ、スマホ、タブレットを今つかっているスマホで撮影。 どれもこれもそれぞれに思い出がある。もちろん手元に残っていない端末も多い。 最初にケータイの契約をしたのが、ちょうど23年前。来月から…

就職したらとりあえず三年は我慢しろとよく言うけれど、どう考えても元ネタは「石の上にも三年」だろ? 

高度成長期の終身雇用は正義!みたいなわけのわからない価値観を押し付けられた団塊の世代とその子供くらいまでの人は、よく言う「とりあえず三年」と言う。 それに関してはもう個人個人の問題で、おまえらに言われたかぁないよな派でもあるが、でもこれ以上…

大変なことはだいたい300万円あれば解決できる的なツイートが回ってきたのだけれど…

そのツイートに使われていた写真が300万円じゃなくて500万円だった(^^; そこで、そのツイートをRTして、わしの300万円写真を使ってやれ!と思ってフォルダーを捜したが… 1千万円の写真しかみつけられなかった(--; こんなこともあろうかと、10…

誕生日にもらった最高金額は2500万円の現金だが、それより大事なものが出てきた

昔、宝くじが当たって、当選金を受け取ったのがちょうど自分の誕生日だったので、そのネタで、宝くじの広告に出た。 西田敏行さんと共演。 誕生日に2500万円もらえるなんて、なかなかないでしょ?(^^; 宝くじが当たってもらえるお金以外の物ネタは先月書…

教習所を卒業して中型二輪免許をとった。卒業時担当教官から驚愕のひとことが!

今週のお題「卒業」 先週に続いて今週もお題プログチャレンジです(^^; 子供の人数が減ってたり、そもそも運転免許をとらない人が増えたりと、何年も前から自動車教習所は、お客様へのサービスを強化、あの手この手で生徒獲得合戦を繰り広げてます。 が、我々…

小学生のころ、屋上でこんなことをして遊んだという思いでを語っても、誰も知らなかった。

今週のお題「何して遊んだ?」 このお題を見て、あぁ「十字架」の話を書こう!と思った。 どんな遊びだったかというと… 書き始めてからふと思いついて検索してみたら、なんとびっくり、YOUTUBEに遊び方の説明があった。 いまどきは、なんでもネットで…

宝くじで2500万円当たった話~シンプルな体験談(^^; 宝くじが当たるとお金以外にこんなものがもらえる

宝くじが当たった。 当時は内緒にしていた。 その辺の事情はのちのちネタとして書くとして。 税務署対策が主な目的らしいが、当選すると、証明書を発行してもらえる。 これ! そして、いまとなってはネットに情報がいろいろころがっているけれど、この本もも…

免許のネタ-特定の条件を満たしていると普通自動車免許がなくても大型自動車免許がとれるというお話

10年ぶりに車両区分の変更があるそうだ。 www.asahi.com 我々が子供の頃は、二輪で似たようなことがあった。 間に合わなかった世代なので、二輪免許は、原付→中型(今は普通自動二輪)→大型自動二輪と順番に取った。 で、わたくしの免許証の今である。 こ…

ニフティ売却報道に触れて突如よみがえった記憶

www3.nhk.or.jp ニフティは、日商岩井と富士通がはじめたパソコン通信のサービスがそもそもの母体だと思うのだが… ニフティ以前からパソ通してた化石世代なので、それがらみで語るのはまた別の機会にして、いま思い出しのは、日商岩井。 いまから20年も昔…

ツイッターでバブルネタをあげたら反応が面白かったのでつれづれに…

自衛隊を任期満了除隊したのち、当時東証一部上場のいまでいうところのIT系企業に入社した。 世はまさにバブル真っ盛り! NTTが上場して、初値が100万円を超え、1か月後には3倍以上で取引される、そんな時代。 借金して株を買ったのに大儲けという…

幻のTVアニメデビュー

ある日、TVシリーズのオファーがあった。 全26話で放送は1年後。監督は決まってないけど、スタジオは内定している。ついては26話分の構成案を作れとのこと。 だまし討ちにあったみたいなデビューだったが、それが売れたおかげでその後けっこう仕事が舞…

今の会社を立ち上げる前にみんなで作った会社の話 その1

最近、ツイッターばかりで、140文字制限以外の文章を書く機会が激減。 ちょっとまとまったテキストを用意しようとしたら、言葉がでてこなくて焦る!という経験をしたのがこのブログをはじめたきっかけ。 ラノベのブランドから文庫を出してもらったことも…

能登麻美子専用ポスター(^^;

CD-Rを整理していたら面白いものが出てきた。 トンボがついてるから、これを出力センターに持ち込んだんだな。 元のサイズはB2(^^; 『成恵の世界』を制作当時、能登麻美子嬢の実家は書店を数軒営まれていた。 で、その「のと書店」に貼ってもらうべく…

飽きっぽくて堪え性がないボクが一番長く続けてること、社長業

えっと、どうも、社長ですwww あんまりビジネスのお話にはならないことを、最初にお断りをしておく。 1994年に登記した有限会社の社長を今も続けている。 正確に言えば現行の会社法では有限会社は存在せず、株式会社の特殊形態として有限会社を名乗るこ…

芦田豊雄さんとの三つの約束

編集者ネタのときに少し触れたけれど、芦田豊雄さんには、とてもとてもお世話になった。月刊アウトの読者のときも、サラリーマンを辞めてフラフラしているときも、二つめの会社を立ち上げたときも、今の会社を作ったときも、ひとつひとつあげたらきりがない…

TDLで船長さんだったこともある

四半世紀も前の話。 二十代の頃、会社を辞めて田舎へ引っ込もうと考えていたことがある。 バブル期の上場企業でサラリーマンをやってて、バカみたいな残業をこなしつつも、休みの前夜は六本木あたりで同期連中と朝まで飲むという浮かれた生活の傍ら、日活撮…

平成12年の今日が創刊日だった《マンガの編集者をしてたこともあるのです2》

事務所の片付けをしていたら、額装された告知ポスターが出てきた。 告知ポスターに使わせてもらってるのは石田敦子さんのラフ画。編集長から「急遽ポスターを作る予算が確保できたけど、使える絵がない。石田さんのラフをデザイン処理で使わせてもらいたい!…

マンガの編集者をしてたこともあるのです

シナリオライターデビューネタのあとに予備自衛官の話を書いたので、次はマンガの編集者をしてた話をば。 月刊誌で連載を何本か担当していたことがある。 出版社に編集者として雇用されてたわけではなく、なりゆきで編集みたいなことをやっていたというお話…

ボクはこうしてシナリオライターになった その4

そしてホン読み。 監督とは、Mくんより圧倒的にわしの方が親密度が高いので、わりと好き放題言われて言ってで、初稿はすっかり様変わりしていった。 シナリオの基本的なフォーマットも、このとき、監督から教えてもらう。 キャストは三人までという縛りも、…

ボクはこうしてシナリオライターになった その3

正直なところ、出したプロットが即OKになるとは想定してなかったので、まだシナリオを書く準備ができてなかったのであった。 当事、わしはまだ勤め人だったので、書く時間は帰宅後と週末(まぁ、これは今も変わってないんだけど(^^;))。 締め切り通りにプ…

ボクはこうしてシナリオライターになった その2

「ジャイアントロボ外伝 素足の銀鈴 盗まれた戦闘チャイナを探せ大作戦」 商品名はもう流通関係に流しているので変更不可。 このタイトルをつけられるようなプロットが一週間以内に欲しい。 それが担当プロデューサーMくんのリクエストだった。 先方の言うこ…

ボクはこうしてシナリオライターになった その1

はじめてアニメのシナリオを書いたのは二十二年前。 これは、その十数年後に内輪向けのブログに書いた、デビューの顛末。 匿名といえど個人が特定できちゃう記事だったので、ずっと非公開だったけど、さすがにもうなにがあっても時効だろうということで転載(…